デリヘル嬢とホテルでできるあんなことやこんなことを徹底解説!

SITEMAP

黄色いバラと女性

デリヘルの有料オプションはホテルで

金髪女性

シティホテルやビジネスホテルでデリヘルを利用するなら、通常プレイだけではなく有料のオプションを活用していきましょう。バイブや電マといった道具はホテルで使うべきです。自宅で利用すると、デリヘル嬢が感じやすい子で液体が滴ってしまったり、潮を吹いてしまう子だった場合、自分が普段使っている布団やベッドが大変なことになります。
デリヘル嬢も自分のことが分かっている場合は最初に言ってくれるので別途なにかを敷いたり、風呂場で出来るとは思いますが、溢れた液体や噴射される液体が敷物を飛び越えてしまったり、多少飛び散っても気にならないというのはホテル利用ならではの利点です。聖水やローションといったプレイもホテルの方がいいでしょう。とにかく液体が絡むプレイは自宅だといろいろ気になってしまいがちですが、ホテルであれば自宅より広い風呂場で出来たり、多少のイレギュラーがあっても清掃員がなんとかしてくれますから、心配しないでプレイに集中できます。特にローションはデリヘル嬢が扱いに慣れているので、任せておけば安心です。
最後に写真や動画といった撮影系のオプションです。これは自宅でもいいのではないかと思われがちですが、自宅での撮影はプライベートなものまで写り込んでしまう可能性もあります。ホテルの綺麗な部屋なら背景も絵になりますし、周囲を気にすることなく撮影に没頭できるはずです。

カップルや夫婦で楽しむ、ホテルのデリヘル

デリヘルサービス事業者や、サービスそのものの種類とかには、実に様々なものがあり、通常の男女間でやるものをはじめ、実に様々な形のプレイが可能なものとかがあります。そしてなんと、中には夫婦やカップルでもOKのデリヘルサービスのプランやコース、オプションとかもあり、男性パートナシップにとっては異性愛、女性パートナーにとっては男性パートナーとヘルス嬢である女性スタッフとの3人あるいは4人での、男女両方とのバイセクシュアルプレイが可能な点が、大きな特徴であるといえます。
このため、同性愛や両性愛などに興味があったり趣向があるような女性の方がパートナーである男性の方などは、大変貴重な性体験を3、4人規模で出来るという点で、大変ありがたいサービス内容であるといえます。また、デリヘル事業者などによっては、性行為の時に限りお金の支払いを必ず受けるといった条件で、プライベートでも女性スタッフとお客さんが、恋愛関係や肉体関係などを持っても良いといったところなども存在したりしているようです。
3人あるいは4人でという、新しい形での恋愛のカタチの実現も可能ですので、そういった自由性がある事業者程、お客さんが離れないといったような傾向があるようです。しかし何れも、やはり周囲に知れたら社会的な大きい批判が有り得ますので、ビジネスホテルやシティホテル、ラブホテルなどの場所を利用することがベストであることは、言うまでもありません。

狭いアパートにデリヘル呼ぶより広いホテル

私が以前住んでいたアパートは築20年近いボロいものでした。そんなボロいアパートに住んでいる隣の住人がたまにデリヘルを部屋に呼んでいたのです。明らかに恋人ではないプロの女性だと理解できるくらいの激しいプレイ内容がどんどん聞こえてきたので、隣人としては興奮するどころか迷惑でしかありませんでした。
私はその時に思ったのですが、もしも私がデリヘル嬢をホテルではなくアパートに呼んでいたら同じような迷惑をかけてしまっていたのかもしれないという事です。しかも場合によっては自分の性癖まで隣人に公表してしまう事になるので、今思うとアパートにデリヘルを派遣しないで良かったと思っています。
ホテルだったらそんな心配などせず、思いきり自分の性癖を披露する事ができるからです。後は住んでいる部屋の面積もとても狭かったので、仮にデリヘル嬢に来てもらったとしてもストレスを感じながらプレイする事になっていたと思います。お風呂も1人で入れるくらいしかないスペースだったので、混浴プレイなど楽しめる事は皆無でした。それに比べホテルだとバスルームも広い上にバスタブだって大きいので思いきりイチャイチャできてしまいます。今は以前のアパートよりも広いマンションに住んでいますが、やはりデリヘル嬢と遊ぶ時はホテルと決めてます。


90分以上の利用で指名料が安くなる佐世保のデリヘルで極上美女と濃厚な時間を過ごしませんか?#佐世保でこんな優良店をお得に利用できるのはこちらのYAMITUKIぐらいですよ!

TOP